偶然に出逢った「中山採字行」


中山駅から双連駅の辺、昔から「打鐵街」と呼ばれる赤峰街や、
活版印刷の歴史が残る台湾唯一の活字屋「日星鑄字行」という古い風景があって、
近年では新しくカフェや雑貨屋が進出し、新旧入り混じった雰囲気が味がある。
そのため、最近ここでいろいろ面白いアート装置やイベントがあって、
体験によって昔の歴史が分かる事ができる。




この期間限定の「中山採字行」はジャズ広場(爵士廣場)にある特別スペース。
中山駅と双連駅にある古店から選ばれた代表字を、
鉄で作る印刷文字をここに置いてあって、

皆自由に自分好きな文字をインクで印刷する事によって、
まるで活版印刷を体験するように、
その一つ一つの文字から、当時の台湾工芸と文字の美学が感じられます。



置いている本も持ち帰りできるので、特別な思い出に作れるでしょう。


中山採字行について詳しい情報をこちらへ
https://www.facebook.com/taipeidesign/

コメント