刈包じゃなくて、饅頭で作った台湾風ハンバーガー「饅飽 MAN BAO」

双連駅から5分くらいに歩くと、
台湾伝統景色とおしゃれな店が並んでいる赤峰街に、
「饅飽 MAN BAO」という店があります。
一見、心地よいおしゃれな店はカフェかなと思って、
実はちょっと特別なメニューが提供しています。
  台湾風ハンバーガーというと、皆が「刈包」を思い出しますが、
ここは「饅頭」という台湾蒸しパンを改良して、
「饅飽 MAN BAO」しか食べれない台湾風ハンバーガーに販売しています。
  店主が大好きな台湾朝ごはんの「饅頭」をもっと多様な食べ方があると信じて、
生地から手作りの饅頭が自家製の調味料で調味した食材を挟んで、
伝統から新しいアイデアを注入した「饅頭バーガー」が出来上がりました。

「天麻椒香秘汁雞」(250元)は店の看板メニューです。
  自家製チリソースに漬けたチキンと、
甘みのある台湾マヨネーズで和えたキャベツやオニオン、ネギなどを挟み込み、
ぴり辛の鶏肉とまろやかなサラダが口の中で幸せな味になって、
柔らかくて弾力がある饅頭と絶妙な旨味と食感になります。

「法克香腸」(180元)
  ドイツのソーセージとピーナツバターを合わせた、
台湾伝統の味とドイツのソーセージは以外と会います。
たっぷりの炒め玉ねぎを加えて、ボリュームたっぷりです。
  「饅頭バーガー」の単品を注文するとドリンクは20元引きというセットな感じで、
私がコーヒーラテを頼みました。
大きなガラス缶でコーヒーを飲むこともセンスが良くて、
可愛くて気持ちがいいですね!
  冷蔵庫の中に色々似たことない珍しいビールが並んで、
どっちでも美味しそうですね!
また色々他のメニューもありますので、
また来て全部食べてみたいなと思うくらい、おすすめな店です。

---------------
饅飽 MAN BAO
------------------
地址:台北市大同區赤峰街77巷2號
時間:火~金11:00~19:30、土10:00~19:30、日10:00~18:00(月休)


Shareする?